お手軽インターバル撮影カメラ recolo(レコロ)で撮影テスト(7)

安くて簡単操作でインターバル撮影できてしかも動画ファイルが出力されるカメラ、レコロが面白くて仕方がないのでいろいろな設定を試すべく7回目のテスト撮影。

100均にて8本105円の単三マンガン電池を使用、今回は電池の持ちを比較するため撮影間隔を5秒にした。再生速度は秒間24コマ。結果、電池の持ちは撮影間隔3秒のときと比べ約2倍の時間稼動しました。

動く人を撮りたかったので川沿いのサイクリングコースに設置した。電池消耗比較のため5秒間隔にしたが、やはり人の動きを撮るには設定項目の最短選択肢のである3秒間隔が良い様だ。5秒間隔では動きの連続性がわかりにくい。しかし画面中段を外灯の影が左から右に向かって伸びる様子、ガードレールの影の帯が太くなっていく様子を主題として見せるなら5秒おきあるいはさらに長い撮影間隔のほうが向いていると思った。

今回撮影した動画では、多くの人が日陰に集まる様子がわかって面白い。ある親子はサイクリングの休憩に、またあるカップルは休憩と記念写真の撮影に、またオッサンは立小便にと、いろんな人がいろんな目的のため日陰に立ち寄る。まるで砂漠のオアシスのようだ。そしてその日陰が太陽の動きとともに徐々に移動していくのも砂漠の移動する湖のようだ。

そしてカメラを足元に設置しなくて良かったと思った。いくらこのレコロが防雨仕様とは言っても、知らないおっさんに小便をかけられるのは堪らない!

関連動画 - Similar Posts
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: recolo(レコロ)インターバル撮影シリーズ   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
youtubeコメント表示(テスト中/10秒くらいかかるかも)
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA