ドリームジャンボ宝くじで1等を当てる方法2012年6月 その10

2012年のドリームジャンボ宝くじは1等1億円がなんと7本も用意された、かつてないほど1等が当たりやすい大チャンスだった。オーケー、大体わかった。球筋は見切ったぜ。

本覚寺(wikipedia)
本覚寺(ほんがくじ)は、神奈川県鎌倉市にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は妙厳山。本尊は釈迦三尊像。身延山の久遠寺にあった日蓮の遺骨を分骨したため「東身延」とも呼ばれる。鎌倉駅の近くにある。

現在の本覚寺の山門がある場所の前には、夷堂と呼ばれる堂があった。この夷堂は、源頼朝が鎌倉幕府の開幕の際に、幕府の鬼門にあたる方向の鎮守として建てたとされ、天台宗系のものであった。文永11年(1274年)に佐渡配流から帰った日蓮が一時、この夷堂に滞在し、辻説法などの拠点としていた。その後の永享8年(1436年)に一乗院日出が日蓮にゆかりの夷堂を天台宗から日蓮宗に改め本覚寺を創建したという。 後に身延山を再興した第2世の行学院日朝は、身延山への参詣が困難な老人や女性のために、身延山より日蓮の遺骨を分骨して本覚寺に納めた。本覚寺が「東身延」と呼ばれる理由である。元々は中本山であったが昭和49年に本山(由緒寺院)に昇格している。

正月は「初えびす」で賑わう。「福娘」がお神酒を振舞う。
夷堂には佐渡配流後の日蓮が、放火された松葉ヶ谷に代わる住みかを求めていると夷神の化身が日蓮を夷堂に招いて松になって消えたという伝承がある。
第二世の日朝は、眼病の治癒で非常に信仰を集めたという。本覚寺が「日朝さま」と呼ばれる由縁である。
鎌倉市内中心部を貫流する滑川の本覚寺の前にある橋は「夷堂橋」と呼ばれる。
若宮大路に向けて入り口を作ってはいけない規則があったため、本覚寺は小町大路(辻説法通り)に入り口を向けている。
本覚寺の山門を出て道路を渡って直進するとすぐに妙本寺がある。

参考サイト:鎌倉ぶらぶらー鎌倉七福神めぐり散策

関連動画 - Similar Posts
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 宝くじを当てたいシリーズ   パーマリンク
youtubeコメント表示(テスト中/10秒くらいかかるかも)
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。