1年間の調査でガリガリ君の当たり確率がついに判明!

『ガリガリ君 ソーダー味』を1年間かけて調査し、正確な当たり確率の計測に成功しました。
これはその調査報告動画です。

※ガリガリ君の当たり確率には個人差があります。この動画はあなたのガリガリ君の当たり確率を保証するものではありません。

関連:ガリガリ君を当たるまで買い続けて当選確率を確かめる (2011年)

赤城乳業 ガリガリ君 ソーダ(スティック)
http://www.akagi.com/products/10169.html
http://www.garigarikun.jp/

ガリガリ君(Wikipedia)
ガリガリ君(ガリガリくん)は赤城乳業が製造、販売する氷菓。同社の登録商標(第2604431号ほか)。

1981年に販売開始。以来、赤城乳業の看板商品となり、日本の氷菓の人気商品の一つとして有名となる。また、味のバリエーションの多さ、販売価格の安さなどから、子供から大人まで高い評価を得ている。製造方法は「薄いアイスキャンディーの膜(シェル)を作り、その中にかき氷(コア)を入れる」という手法を採用。中に入れるかき氷は同社において「ガリガリ氷」と呼称され、当初大きな粒であったが、年々技術向上によって小さな粒に変更されたことや、2002年には「安心・安全」を打ち出して安定剤を天然ペクチンに変更し着色料は合成品の使用を一切止めるなど、その方針に沿った食品添加物を使用したことにより、ソフトな食感に変移している。製造本数は1日当たり約100万本、年間製造数は約3憶6500万本。60円商品における購入者男女構成比は男性70%・女性30%、売上は基本的に夏高冬低傾向となっており、年間通じて7月が一番が多くて2月が一番少なくなっている。

商品の付いている棒には当りくじがあり、通常品とリッチシリーズでは特典商品が異なる。通常品は焼印で「1本当り」と表示された棒が出たら当りで、買った店において当り棒(同社では「当(た)りスティック」とも呼称)と商品1本を無料で引き替えることができる。リッチシリーズの当りでは、当り棒を応募することでプレゼントの品物をもらうことができる。当たりの割合について、赤城乳業は『ガリガリ君の当たりの確率は、景表法という法律に則って、公正に調節致しております。具体的な確率については、申し上げられませんが、その範囲内で還元させて頂いております』と説明しており、一部では「2%」との数値が公表されている。店頭で回収された当たり棒は一旦センターに収集し、そこで棒と金銭が交換されるシステムであり、店頭における当たり棒の交換率は2000年代後期において、通常品のガリガリ君では5人に1人程度となっている。

関連動画 - Similar Posts
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 知識・教養   パーマリンク
youtubeコメント表示(テスト中/10秒くらいかかるかも)
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。