お手軽インターバル撮影カメラ recolo(レコロ)で撮影テスト(14)

安くて簡単操作でインターバル撮影できてしかも動画ファイルが出力されるカメラ、レコロで夜の街にて14回目のテスト撮影。

レコロで人の動きを撮る場合、撮影間隔は最短の3秒でいいとして動画再生速度はどのあたりが面白いのかという実験の続き。今回は秒間1フレームから秒間5フレームまでの設定でテスト。
秒間1フレームはパラパラ感というには遅すぎて、むしろ早送りの写真スライドショーのようだ。
秒間2~3フレームはパラパラ感が出てくるが、やや重く退屈な印象をうける。
秒間4~5フレームになると写真とも動画ともつかない、ちょうどいい温さのような気持よさが出てきた。このうち秒間5フレームだと各コマの内容をぎりぎり見逃す・あるいは覚えられないのに対し、秒間4フレームではパラパラ感による動きを感じながらも各コマを静止画としても追いかけられる再生速度だと思う。
ということで秒間4フレームの再生速度が一番気に入ったので、いよいよちゃんとした撮影を試してみたい。

関連動画 - Similar Posts
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: recolo(レコロ)インターバル撮影シリーズ   パーマリンク
youtubeコメント表示(テスト中/10秒くらいかかるかも)
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA