どんな動画編集ソフトが良いのか

自分で動画を作成するにあたりどんな編集ソフトを選ぶといいのか、俺が思ったことを書いていく。だがそれがあなたにとって正解かどうかはわからない。んなことは知らない。

とりあえず割と有名な、利用者の多い、Amazonレビュー数の多い、1~2万円くらいのソフトを買っとけば大丈夫なんじゃないの。

動画編集というのはやったことのない人にとってはちょっとだけ難しいかもしれない。なぜならやったことがないからだ。そして動画編集ソフトの製品は結構高い。だからいきなり超高性能な編集ソフトを買うなんてことはせず、まずはWindowsに初めから入っている(あるいは無料でダウンロードできる)ムービーメーカーというソフトで練習しよう。

無料だからといって侮って(あなどって)はいけない。ちゃんと動画を切り貼りできるし、動画の切り替わりのアニメーション効果(シーンA→シーンB)や明るさや色の調整(モノクロ、セピア等)、そしてテロップやBGMも付けられる。動画だけでなく、複数の写真をもとにスライドショー(一定時間おきに写真を切り替えて見せる動画)を作りテロップとBGMを付け足して動画にすることだって出来る。

基本的な機能は十分だ。実際にこのムービーメーカーだけで動画を編集し物凄い再生数の人気動画を作っている人は沢山いる。

ただ基本的な機能しかないので物足りない点も色々ある。まあだれでも気軽に使えて基本的な機能が揃っていて無料なんだから文句ではないが。
俺が物足りないと感じたのは例えば以下の様なことだ。

  • ファイルサイズの大きいwmv(Windows Media ビデオファイル)形式でしか保存できない。
    そのため動画サイトへのアップロードに時間が掛かる。また動画サイトへアップ後の自動エンコード(ビデオファイル形式の変更)で画質が落ちてぼやけた感じになる。

    Version2012からwmvの他にmp4形式でも保存できるようになりました。
  • 一度にひとつのテロップしか表示できない
    複数のテロップを、それも凝ったデザインで複数表示したい。Version2012から文字に縁取りができるようになりました。
  • 一度にひとつのBGMしか流せない
    BGMと同時に効果音も鳴らしたい。
  • 部分的にモザイクやボカシをかけたい
    人の顔だけにモザイクやボカシをかけたい。
  • 動画の合成をしたい
    動画の上に小窓で別の動画を表示させたり(ピクチャ・イン・ピクチャ)、動画の上にある色を透明化した別の動画を合成したり(クロマキー)、画面の左右などに区切って別々の動画を同時に表示させたい。
  • 音声を波形で確認できない。Version2012から波形表示できるようになりました。

で、これらをやりたかったので動画編集ソフトを買った。Windowsのバージョン(Win7 64bit)やソフトの信頼性(編集中にソフトが強制終了するとか何とか)、値段などを勘案して、EDIUS Neo 2 Boosterというソフトを選んだ。これがベストの選択というわけではなく、どれを買ったらいいかわからなかったしどれも同じように思えたので、ネット上の口コミで一番安定して動きそうだったので決めた。

製品の編集ソフトを買って良かったと思える点は以下のとおり。

  • 音声を波形で確認できる。
    実際に喋りながら撮影すると、意味のある文章だけをスラスラ述べるのは不可能に近い(テレビの人はみんな台本を読んでいる!)。考えながら喋ると、どうしても文と文の間に数秒以上の隙間が開いてしまう。そして動画を確認すると、その無音部分のせいでテンポの悪く物凄い長い動画になっているのだ。なので無音部分をバシバシ切り取っていくのだが、その際に音声を波形で確認できるおかげで絶妙の間に詰めることができるのだ。
    なお自分でこの作業を繰り返していくと、テレビやラジオのトークの切り貼りしている形跡に気付くようになる。
  • 動画の合成が簡単
    特殊な合成だけでなく、何気ないシーンでも動画の合成が活躍する。動画を切り貼りして喋り部分だけを抜粋する編集をすると、カットがバシバシ切り替わって非常に忙しない印象になってしまう。がしかし、音声は切り貼りしつつもそのうえに切り貼りしない一本の動画を合成しておけば、まるで音声の編集など初めからなかったかのように見せることが出来る。
  • 色の調整を細かくできる
    明るさ、コントラスト、色み、色彩などを自然な状態に、あるいは好ましい状態に変えられる。
  • 動画の拡大縮小が簡単
    徐々にズームしていったり。
  • 思い出したら書き足す

なお動画編集ソフトの売りとして動画エフェクトが沢山ついてる!なんてアピールされているが、そういうのはあまり使わない。派手な機能は使えば使うほど、その一本調子のチープさが見えてしまうからだ。それを狙ってやるのも面白いけど。

で、今使っているEDIUS Neo 2 Boosterに大きな不満はないのだが、それでも使っているうちに欲しい機能が出てきたのでそれも書いておく。

  • 音声のリバーブ
    エコー(やまびこ効果)はあるのだが、リバーブ(風呂などの広がり反響音)が無いので片手落ち。そのためすごく不自然になってしまう。
  • 音声のノーマライズ
    音量を揃える機能。
  • 音声のコンプレッサー
    音圧を上げる機能。
  • アルファ
    動画合成で透過部分を指定するやつ
  • ボカシ・モザイクの自動追跡
    数コマおきにポイントを指定していくのは大変だい
  • テロップの回転
    テロップを回転させたり傾かせたりしたい。現状でもテロップを動画に移して動画エフェクトを指定すれば出来なくもないが、調整が複雑だしサイズが大きいと傾けた時に隅が欠けてしまうなど。
    Altキーを押しながらのマウス操作で傾けられました。スマン。
  • テロップのエフェクトが少ない
    1文字づつ表示するタイプライターや立体的なスターウォーズのオープニングみたいなことが出来ない。1文字づつ手作業でやれってか?

こんな感じのことが気になっています。

で、肝心のどんな編集ソフトが良いのか?というテーマですが、1~2万円台で買えて利用者の多いソフトならどれも同じような感じじゃないの。

何しろ俺だって昔のWindows XP版ムービーメーカー、昔期間限定で無料でダウンロードできた古いバージョンのVideoStudio9.0、今のパソコンのWindows 7版 Live ムービーメーカーしか使ったことがないから。

あと動画編集には編集ソフトの他に、それなりにスペックの高いパソコンが必要です。動画の書き出し(編集し終わって最終的に完成動画を出力する作業)に時間がかかるのは待てるとしても、編集ソフトの一回一回の操作に時間がかかったり操作中に強制終了してしまったりの恐れがあります。無料体験版で確認しておこう。

コメントは受け付けていません。