再構築中につきトッ散らかっています

Code Snippets…通常はfunctions.phpに記述するphpコードをプラグイン側のデータとして保存・管理するプラグイン

Code Snippets プラグインは、通常はワードプレスのテーマ(テンプレート)ファイル中の functions.php に記述するphpコードをプラグイン側のデータとして保存・管理するプラグインです。

ワードプレスの機能を追加する方法は2つあります。1つめは欲しい機能のプラグインを探してインストールする方法、2つめは欲しい機能のphpコードをテーマファイル中の functions.php に記述する方法です(外観の操作は各phpファイルに記述し、呼び出す機能を関数として設定する場合はfunctions.phpに記述する)。

プラグインを利用するメリットは、初心者でも機能の追加や削除が安全に出来ること、そしてテーマを切り替えても機能が引き続き使えることです。しかしデメリットとして、欲しい機能のプラグインが存在しない場合があること、プラグインをたくさんインストールするとワードプレスが重く(表示が遅く)なるということが挙げられます。重くなる理由は、ワードプレスを実行(表示)するたびに内部でまずインストールされているすべてのプラグインをチェックして→その中から有効化されているものを選び→その中から実行優先順位で並び替えて→順番に実行する…みたいなことをやってるからだと思います。

一方functions.phpを利用するメリットは、プラグインよりも若干軽いこと、公開されているプラグインには無い機能でもネット上の情報をコピペしたり自分なりに手を加えたりして柔軟に設定できることです。デメリットはphpの知識が必要なこと(記述を間違うとワードプレスが表示されなくなって死にたくなる)、別のテーマに切り替えるとテーマ内のfunctions.phpも切り替わるのでそれまでに記述した機能が使えなくなることです。

このそれぞれのメリットのうち、プラグインのテーマ切り替えに影響を受けない点とfunctions.phpの自由な設定をできる点を両立させたのがCode Snippetsプラグインです。

Code Snippetsプラグインは、通常functions.phpに記述するphpコードをその機能ごとのひとまとまりずつ登録し、それらを個別に有効化・無効化することができます。functions.phpファイルを使わないで済むので、テーマを切り替えたあとも同じ機能を保持することができます。

そのテーマだけで使う機能のphpコードはfunctions.phpに記述し、テーマを別のものに切り替えても使い続けたい機能のphpコードはCode Snippetsプラグインに登録するというのが、このプラグインの活用法です。

スニペット(登録したphpコード)の一覧画面

スニペット(phpコード)登録画面

コメント