完全に忘れきっていたが、俺は昨年12月に年末ジャンボ宝くじを1枚だけ買っていた。

ところで君は「シュレーディンガーの猫」の話を知っているか?
よくわからんが、箱の中に入れた猫が50%の確率で死ぬ仕組みを作ったときに、その生死を確認するまで中の猫は生きている状態と死んだ状態が共にあるらしい。

と言う事は、だ。俺の財布に入れっぱなしにしていたすでに抽選を終えた年末ジャンボ宝くじだって、その当落を確認するまでは1等2億円が当たった状態も存在していることになるのではないか!?

よくわからないからwikipediaで確認してくれたまへ

スポンサーリンク