お手軽インターバル撮影カメラ recolo(レコロ)で撮影テスト(10)

安くて簡単操作でインターバル撮影できてしかも動画ファイルが出力されるカメラ、レコロを1年4ヶ月ぶりに引っ張り出して10回目のテスト撮影。

今回は撮影間隔10秒、生成される動画ファイルは秒間6フレーム、撮影モードvividで日暮れ前の田んぼで撮ってみた。vividモードのおかげか結構暗かったにもかかわらず明るめの映像になっている反面、コントラストが高いせいで空の雲の様子が飛んでしまった。
回転にはイケアのキッチンタイマーを使用。壊れかけの三脚を適当に立てたため斜めに傾いでしまった。ちゃんと水平基準器のついたやつを使おう。

人や車など動きのあるものが写っていないため、微速度撮影で撮ったところで全然意味がなかった。6フレームという再生速度はパラパラ感が出て丁度いいかも。

この内容がお役に立ちましたかよ?

素人だけどDIY魂でわりと頑張って書きました。以後よろしく!!!

ただいまへんてこネットはキャンペーン中です。お近くの大手コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ポプラ、ベイスターズマート)をご利用の際は「へんてこネットを見た」と店員へ大きな声ではっきりとお申し付けください。





CATEGORIES & TAGS

,

Author:

どうも!どうもどうも!どう?どうなの? プロフェッショナルたちによる高度な資本主義・拝金社会の足もとをアマチュアのDIY魂で耕す!