再構築中につきトッ散らかっています

今年もPHPをやりたい季節が来たので最新版のXAMPPを入れた

XAMPP は最も人気のある PHP 開発環境です PHP
XAMPP は最も人気のある PHP 開発環境です



毎年2月の半ばになるとプログラミングをやりたくなる。その理由は3つある(文章に説得力を出すためには3つ挙げろとなにかの本に書いてあったのでそれにならう)。

まず春が近づいて暖かくなり始め、なんとなくやる気が出てきて何かを始めたくなるから。いちおう1月1日に新年は始まっているが、1月の寒さでは体が動かずとても新しいことを始める気にはなれない。現代日本も2月の春節を1年の始まりにしたほうが理にかなっていると思う。

そして確定申告からの現実逃避として。本当にやらなければならないことが重大なほど、締切の期限が近づくほど、俺の脳内のクリエイティヴが燃え盛るのだ。おかげで確定申告書類の提出は毎年ギリギリだ。でも大丈夫。なぜなら期限日の翌朝に税務署のポストを職員が開ける前に書類を入れればセーフだと知っているから。

最後に花粉症からの避難だ。スギ花粉の飛び盛る時期に無駄な外出は少しでも避けたい。なので部屋に閉じこもってコカ・コーラ(黒ラベル 0kcal)をがぶ飲みしながらのプログラミングは最適だ。副作用として、コーラを飲むついでにカラムーチョや柿の種わさび味も口の中へ流し込むので太ってしまうのがつらいところではある。

プログラミング言語はPHPだ。これしか出来ない。PHPは良い。HTMLの延長で、コピペでも何となく動く。わからないことがあってもネットの情報や参考書籍がたくさんある。なのでアマチュアでもどうにかなる。

そのPHPを自分のパソコン(これをローカル環境と言うらしい)で動かすために、XAMPP(ザンプ)というフリーソフトの最新版を入れ直した。XAMPPとは何なのか?

XAMPPは以下の文字から構成されている。

X – Windows、Linux、macOS、Solarisのクロスプラットフォーム
A – ApacheのA
M – MariaDB(旧バージョンはMySQL)のM
P – PHPのP
P – PerlのP
元々は対応OSはLinuxのみであり、その頭文字Lを付けLAMPPと称したが、後に複数のOSに対応したためLをXに変えXAMPPとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/XAMPP

ということでXAMPPは自分のパソコン内にWebサーバー的なプログラムを動かすソフトが一式そろったパッケージだ(と思う)。

これで自分のパソコン上でPHPのプログラムを作って実行して、ちゃんと動いたらレンタルサーバーにアップしてインターネット上に公開するのだ。去年のこの時期はいろいろあって出来なかったこともあり、また今年はなぜかやる気もある気がするので、いっちょPHPの勉強を頑張るぜ。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends
XAMPP is an easy to install Apache distribution containing MariaDB, PHP and Perl.

コメント

タイトルとURLをコピーしました