自転車バイク車載動画撮影用カメラマウント2製品比較

自転車やバイクのハンドルバーにビデオカメラを設置するためのマウントTAH-043CとTAH-011Cを人柱として購入したので車載動画の比較動画を作りました。

剛性のない伸縮式ハンドルポストと振動に弱い小径車輪という、本当は車載動画撮影には適さないであろうルノーFDB-140(DAHON OEM)という14インチ小径折りたたみ自転車を使用しています。
ちゃんとした普通の自転車ならこれよりも振動が少ないと思う。

TAH-043Cは柔軟にポジションを設定できるのだが、いかんせん振動に非常に弱い。もしバイクや自転車の車載動画撮影に利用するのなら、角度を設定したうえでテープをぐるぐる巻きにしてガチガチに固定するなどの対策が必要だと思う。

TAH-011Cは関節がないだけあって堅固ではあるが、すなわち水平の設定が出来ないので角度のついたハンドルバーに使うと映像も傾いてしまうだろう。

どちらも一長一短だが、さあどうする?(両方買ったところ750円+375円+送料390円=1,515円だった)

関連動画 - Similar Posts
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
カテゴリー: 買ったもののレビュー的な   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク
youtubeコメント表示(テスト中/10秒くらいかかるかも)
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。