2020/10/3 このブログをまた更地に戻しました
河原でひとり焼肉シリーズ

河原でひとり焼肉

河原でひとり焼肉 – YAKINIKU BBQ

https://www.youtube.com/watch?v=RpHO-H8U8Nc

折りたたみテーブルを上手いこと安く買えた俺は、ホームセンターに立ち寄って目をつけていたキャプテンスタッグのインスタント・バーベキューグリルを購入したりスーパーで安い肉と飲み物を仕入れたりしつつ、河原へ到着したころにはすでに夕方目前だった。

それでも夏の日差しはまだ強いので日陰に場所をとり、邪魔な雑草を引っこ抜きビニールシートを敷きビデオカメラと三脚をセッティングした。辺りに人は全くいない…とまではいかなかったが、結構離れた場所に釣り人が一人二人いる程度だったか。

んでテーブルを設置して初めて使うインスタント・バーベキューグリルに火をつけてみたところ、おもいのほか炎が高く昇ったので結構焦った。こりゃ室内では使えないし、テントの中で使おうものなら即全焼するだろう。

この炎は10分以上続き、結局炎が完全に静まるまで待ちきれずに肉を焼き始めてしまった。炎が消えるまでは15分くらいかな。んでその後炭火は1時間以上燃え続けた。俺が後片付けを始めたころにはだいぶ火力が弱くなっていたが、それでもまだしばらくは燃えそうだった

結局河原には2時間近く、焼肉セッティングをはじめてから1時間半近く居たと思う。最初は日陰でやってたはずが、途中から日が傾いて真っ赤な夕日に照らされてしまった。そのせいで、そしてどこからともなく聴こえてきた放送音楽の演出もあいまって映像には物凄い黄昏っぷりが醸しだされてしまった。

利用した道具

Coleman(コールマン) ミニアルミテーブル(170-5655)

この折りたたみアルミテーブルの使用感やサイズ、インスタントグリルとのサイズ対比についてはアルミテーブル紹介動画のページに記載。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インスタントグリル M-6463

アルミテーブルとインスタントグリルを買うなら、とりあえず最寄のホームセンターを探すのが安いと思う。はしごして探す時間やガソリン代を考えたり、このテーブルとグリルの組み合わせを手に入れるのなら、楽天で両方を取り扱ってるショップを探して一緒に買うのが送料節約になると思う。

メディア掲載履歴

  • 2011年12月23日(金)YouTube Video Awards Japan 2011に『河原でひとり焼肉』と『短すぎる電車 World’s Shortest Train』がノミネートされました。

追記 2020年10月4日

この動画を撮ったのが10年も前になるとは驚きだ。当時はビデオカメラで録画ボタンを押すと動画が撮れる!スゴイ!くらいの無知と勢いでやっていた。

この動画より少し前にまず崎陽軒のシウマイ弁当を食べながら喋りまくるという謎の実況動画を作っていて、それが自分で見ても馬鹿馬鹿しくて笑えたしネトゲ友だちに見せても好評だった。それでこの方向性を追求すべく、前々からやってみたかった河原で肉を焼いて食べるという行為をこの動画で実行したのだ。

インスタントグリルとミニテーブルだけあれば出来そうなのはわかっていた。そこで荷物をコンパクトにするために、折りたたんだミニテーブルの中に入る最適サイズのインスタントグリルを探していろいろなホームセンターをママチャリで回った。そしてアウトドア用品売り場で現物をチェックしたり、大工道具売り場から巻き尺を借りてきてサイズをコソコソ測ってメモしたりと、時間をかけた末に見つけ出したのがコールマンのミニアルミテーブルとキャプテンスタッグのインスタントグリルの組み合わせだった。

その後も撮影できそうな場所をママチャリで探し回ったり、その付近でお肉を買うスーパーを探したりと、準備にだいぶ時間がかかった。当日もまあまあ遠い現地までにママチャリで向かい、途中で買い物をしたりと何だかんだで時間が過ぎてしまい、肉を焼いている途中で夕方の放送が始まるし、帰り道は夜だった。

動画の編集も、まず撮りっぱなしの2時間くらいの動画を最初から最後まで見ていらない部分を切り捨て、また全体を見ては細かく切り捨て…の無限地獄を半永久的に繰り返す作業だった。何十時間かけてコーラを何リットル飲んだか覚えてないけどとにかく大変だった。

それでも初めての河原でひとり焼肉は痺れるほど楽しくて、この後すぐに2回めをやりに行ったのだった。ママチャリで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました