2020/10/3 このブログを更地に戻しました。過去にもらったコメントはいずれ復元します。
雑記

ハイパーメディアクリエイター高城剛推薦の毛穴撫子を使ってみたが…

半年くらい前に『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵』という高城剛のオススメグッズを紹介する本を図書館で借りた。その本に『毛穴撫子 重曹つるつる石鹸』という石鹸が載っていた。

ハイパーメディアクリエイターによると、重曹で作られており香料等は無添加で洗浄力が凄いらしい。特に初回使用時はチョイ臭うくらい脂っ気が落ちるとか(もうとっくに返却したので忘れたけどそんな感じのことが書いてあった気がする)。俺は頭髪を含めて全身を石鹸で洗うので、この説明に大いに興味を持った。それで地元のスーパーやらドラッグストアやらを探し回ったけど見つからなくて、結局横浜駅近くの東急ハンズでようやく手に入れた。

一般的な石鹸よりは一回り大きとはいえ、800円(別途消費税)もする。クソ高い。その分効果も期待できるのだろうか。

その夜に風呂場で早速使ってみた。結果的に高城剛の言い分はよくわからなかった。石鹸に香料はなくて甘い香りはしない。のだけど、いかにも質実剛健という感じの洗濯石鹸のようなにおいがする。アマゾンレビューで見た、しばらく泡を流さないように(石鹸成分が脂っ気を溶かすイメージ?)というのもやってみた。頭をシャワーで流したお湯を洗面器にためてニオイを嗅いでみた。でもよくわからん。

思うに、石鹸やシャンプーの甘い香りって人間の体臭を隠して誤魔化す役目じゃないですか。んでこの重曹石鹸は香料が入ってないので、シャワーで流した直後に自分の体臭が誤魔化されずうっすらとわかる感じはあった。違いはそれだけかなー。

なのでリピート購入はしなかった。あばよ、ハイパーメディアクリエイター。

コメント

タイトルとURLをコピーしました